123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



********************************
★人気ブログをチェック♪このブログはいかに・・・!!?
 クリックをどうぞお願いいたします ↓  o┤,,´д`,,├o
FC2Blog Ranking   にほんブログ村 20代の恋愛・出社拒否ランクへ   blogram投票ボタン
ブログパーツ

| スポンサー広告 |
2010-03-12 (Fri)
何とややこしい漢字だ。


籌策という漢字


たけかんむりに、

「志士」の「士」、

一にハネが付いたようなものが下に来て、

片仮名の「エ」、

下に「一」を書き、、

更にその下の左に「口」と右に「寸」。



たけかんむりに寿の異字体。



うーーーむむ。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



…漢検の勉強をしていて、このような一文があった。

「騏驥の跼躅は駑馬の安歩に如かず。」


何と厳しい言葉だろう…
……考えさせられる。



【語釈】
■騏驥(きき):よく走る優れた馬。

■跼躅(きょくちょく):屈んだり、足が閊えたりして行き悩む様子。

■駑馬(どば):歩みが遅く、役に立たない馬。才能が劣っている事。








例えば、不毛地帯の人物像・相関で例えるならば、

当時専務だった、才も能もある壱岐さんが、いくら何かで躓き悩んで立ち止まっていた時に、
副社長の里井さんがその時に好調の実績を重ねて行ったとしても、
所詮は壱岐さんの勢いや能力の高さには及び得ない、というところだろうか…。

(↑※管理人の私見・主観が入る為、これはあくまで不毛地帯を観ていた「管理人の解釈に基づく」ものである事を予め断っておきます。※)





努力は人を裏切らないと信じたい。
一方で、数多の人間の中には、天才的な頭脳を持つ抜きん出た人間、
また、
自分が幾ら頑張ってみても手が届かない圧倒的な能力の高さを誇る人間が居る、という事もまた事実。



私は、自分の程度を弁えられる利口さは持ち合わせていない。
自分自身と他人が比較される場面の時の苦悩には、
結局として足掻いてみる他にないのだろう。








********************************
★人気ブログをチェック♪このブログはいかに・・・!!?
 クリックをどうぞお願いいたします ↓  o┤,,´д`,,├o
FC2Blog Ranking   にほんブログ村 20代の恋愛・出社拒否ランクへ   blogram投票ボタン
ブログパーツ

| 興味 | COM(1) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。